青空レストラン~とろみそ~通販でお取寄せする方法~愛知県豊田市 桝塚味噌~

3月 26, 2022

スポンサーリンク

「とろみそ」とは、豆味噌(八丁味噌)を熟成発酵させる大桶の中心部分で、わずか5%しかとれない希少な味噌で、塩味・旨み・酸味・渋み・深みのバランスが非常に取れており、そのまま食べても美味しいお味噌です!

満天☆青空レストランでは、八丁味噌で知られる味噌の本場愛知県豊田市の蔵元 桝塚味噌(ますづかみそ)・合資会社 野田味噌商の「とろみそ」が紹介されます。

ゲストはスノーマン(Snow Man)の渡辺翔太さん・向井康二さんのお二人を迎え、「とろみそ」を絶品レシピで味わいます。

・桝塚味噌の「とろみそ」や「豆味噌(八丁味噌)」を通販でお取寄せする方法
・「桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)」をふるさと納税の返礼品として受け取る」
・「とろみそ」とは?
・本家の八丁味噌の蔵元カクキューとまるやが2026年から八丁味噌を名乗れなくなる問題
・青空レストラン公式通販(日テレポシュレ)で「とろみそ」番組セット「愛知県 とろみそ発酵満喫セット」をお取寄せ

— 2022年3月26日放送 —

スポンサーリンク

桝塚味噌の「とろみそ」や「豆味噌(八丁味噌)」を通販でお取寄せする方法

今回の青空レストランでは、八丁味噌で知られる味噌の本場愛知県豊田市の蔵元 桝塚味噌(ますづかみそ)・合資会社 野田味噌商で開店し「とろみそ」が紹介されます。

「とろみそ」で作る絶品料理
・うま味バツグン洋風味噌汁
・大葉味噌の焼きおにぎり
・ピリ辛かきみそバター
・手羽
などを絶品レシピで味わいます。

この項では桝塚味噌の「とろみそ」や「豆味噌(八丁味噌)」を通販でお取寄せする方法を紹介します。

桝塚味噌の「とろみそ」や「豆味噌(八丁味噌)」を通販でお取寄せする方法は・・・
・楽天市場など大手通販サイトからで「桝塚味噌」の「とろみそ」「豆味噌(八丁味噌)」お取寄せ
・「桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)」をふるさと納税の返礼品として受け取る」
・青空レストラン公式通販(日テレポシュレ)で「とろみそ」番組セット「愛知県 とろみそ発酵満喫セット」をお取寄せ
などです。

楽天市場など大手通販サイトからで「桝塚味噌」の「とろみそ」「豆味噌(八丁味噌)」お取寄せ

桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)は、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど大手通販サイトからお取寄せが可能です。

「桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)」をふるさと納税の返礼品として受け取る

ふるさと納税で全国の名産物を返礼品として受け取る方も多いですよね!

「桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)」を愛知県豊田市のふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能ですよ!

寄付額は10000円~です。

スポンサードリンク



「とろみそ」とは?

「とろみそ」とは、豆味噌(八丁味噌)を熟成発酵させる大桶の中心部分で、わずか5%しかとれない希少な味噌です。

塩味・旨み・酸味・渋み・深みのバランスが非常に取れており、そのまま食べても美味しいお味噌です。

製造販売を手掛ける愛知県豊田市の桝塚味噌は、創業より「味噌は育てる」を標榜し、 伝統的な木桶による長期天然熟成にてお味噌を醸造している蔵元です。

近年八丁味噌は農水省の地理的表示(GI)により定義が歪められてしまいステンレスのタンクを使ったり1年も熟成させないで仕上げた味噌が八丁味噌を名乗る中、元祖の愛知県岡崎市八帖(はっちょう)町の2軒の蔵元「合資会社八丁味噌(カクキュー)」と「株式会社まるや八丁味噌(まるや)」同様、木桶で約2年かけて豆味噌を熟成発酵させ「八丁味噌」を造っています。

2年以上四季の変化に任せてゆっくりと熟成させると、塩角がとれたまろやかな味わい深いの味噌に育ちます。

味噌は、長年使い続けてきた木桶や蔵、土壌にすみつく雑菌を含めた菌類や麹などの微生物たちが複雑で深みのある味を生み出してくれています。

その木桶の中心からわずか5%しかとれない「とろみそ」は職人が味噌の出来や状態をみて、目利きをしながら少しずつ掘り出した希少な限定の味噌です。

スポンサードリンク



本家の八丁味噌の蔵元カクキューとまるやが2026年から八丁味噌を名乗れなくなる問題

先に述べた農水省の地理的表示(GI)により定義が歪められてしまい、本家の八丁味噌の蔵元カクキューと「まるや」が2026年から八丁味噌を名乗れなくなる問題が起きています。

平たく言えば愛知県内で作られる赤味噌が「八丁味噌」という定義で製造方法や熟成期間は細かく定義されていません。

さらに岡崎市八帖以外で生産されていても八丁味噌を名乗れる制度です。

本来は八丁味噌は、徳川家康が育った愛知県岡崎市八帖で木桶で約2年かけて豆味噌を熟成発酵させた味噌が八丁味噌の筈で、この定義に当てはまるのは「カクキュー」と「まるや」のみです。

この2軒の蔵元に自然に出来た麹によりそれぞれ独自の味をお互いに切磋琢磨しながら長年に続き生産を続けて来ました。

岡崎市八帖の場所柄にこだわるのも何本もの川に挟まれた湿気の多い土地で、こんな湿気が多い場所でも保存が利くようにと、切磋琢磨し美味しい味噌になったからだそうです。

健康に拘って徳川家康が江戸時代の平均年齢を超えるまで長生き出来たのも八丁味噌のおかげ、とも云われています。

しかし、海外輸出を視野に入れた地理的表示(GI)には、本来の製法や愛知県岡崎市八帖の地理的要因にこだわる「カクキュー」と「まるや」は登録を拒否しており、2026年からは「八丁味噌」を名乗れなくなり、愛知県岡崎市八帖で生産されない赤味噌が「八丁味噌」を名乗れるという本末転倒な事態を迎えています。

スポンサードリンク



青空レストラン公式通販(日テレポシュレ)で「とろみそ」番組セット「愛知県 とろみそ発酵満喫セット」をお取寄せ

青空レストラン公式通販(日テレポシュレ)では「とろみそ」番組セット「愛知県 とろみそ発酵満喫セット」のお寄り寄せが可能です。

【値段】¥3,240 (税込)
【送料】¥820(税込)
【セット内容】・日本ノとろみそ・・・500g×1
・四季の味噌たれ・・・200g×1本
・本溜~みそたまり~・・・100ml×1
・即席おみそ汁・・・4食入り(赤だし×2・合わせ×2)
・たまりあられ海苔巻き・・・8本

愛知県 とろみそ発酵満喫セット

「とろみそ」豆味噌(八丁味噌)まとめ

・「とろみそ」とは、豆味噌(八丁味噌)を熟成発酵させる大桶の中心部分で、わずか5%しかとれない希少な味噌
・造っているのは愛知県豊田市の蔵元 桝塚味噌(ますづかみそ)・合資会社 野田味噌商
・塩味・旨み・酸味・渋み・深みのバランスが非常に取れており、そのまま食べても美味しいお味噌
・桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)は楽天市場など大手通販サイトからお取寄せが可能
・桝塚味噌の豆味噌(八丁味噌)をふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能
・青空レストラン公式通販(日テレポシュレ)では「とろみそ」番組セット「愛知県 とろみそ発酵満喫セット」のお寄り寄せが可能
・本家の八丁味噌の蔵元「カクキュ」ーと「まるや」が2026年から八丁味噌を名乗れなくなる問題が起きている