きみひめ~とうもろこし~通販でお取り寄せや直売所~ふるさと納税や食べ方!山梨 ごはんジャパン

スポンサーリンク

山梨県限定品種のきみひめ~とうもろこし~直売所「旬果市場 農産物直売所」では100人超の大行列!!

ごはんジャパンでは、夏野菜の王様であるトウモロコシの中でも、メロンの甘さ(糖度12~18度)を超える甘さ(糖度19度)のトウモロコシ「きみひめ」で、鉄板フレンチの匠・木下威征シェフが生産者の「旬果市場」小林智斉さんに、きみひめを使ったオリジナルアイスやコロッケをでもてなします。

きみひめの小林智斉さんお薦めの食べ方は、シンプルに焼きとうもろこし、さらにキンキンに冷やして頂く生のとうもろこしで、その味に木下威征シェフをはじめ、的場浩司さん、村上佳菜子さんも感動!

今回は番組を見て山梨県限定のトウモロコシ「きみひめ」を味わってみたい!食べてみたい!という方に・・・

・きみひめを楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど大手通販サイトからお取り寄せ
・生産者から“チョク”でお届けする通販サイト「食べチョク」から「きみひめ」をお取り寄せ
・きみひめをふるさと納税の返礼品として受け取る
・きみひめとは?
・きみひめ~とうもろこし~直売所
・きみひめの美味しい食べ方

について紹介しますね!

— 放送日:2022年7月2日 —

スポンサーリンク

きみひめを楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど大手通販サイトからお取り寄せ

きみひめは、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど大手通販サイトからお取り寄せが可能です。

生産者から“チョク”でお届けする通販サイト「食べチョク」から「きみひめ」をお取り寄せ

生産者から“チョク”でお届けする通販サイト「食べチョク」から「きみひめ」をお取り寄せが可能です。

産地限定!生でも食べられる!きみひめとうもろこし5本

【値段】¥2,000
【送料/東京都まで】¥605〜
【送料/大阪府まで】¥702〜
【内容】きみひめ5本

産地限定!生でも食べられる!きみひめとうもろこし5本

今回ごはんジャパンが訪れた小林智斉さんの旬果市場から「きみひめ」と「きみひめ」のコーンポタージュスープが出品されています。

きみひめをふるさと納税の返礼品として受け取る

きみひめを山梨県甲府市のふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能です。

寄付額は20000円~です。

また、きみひめのスイーツ(ロールケーキ&大福)やコーンポタージュスープ(小林智斉さんの旬果市場)もふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能です。

コーンポタージュスープは、ごはんジャパンが訪れた小林智斉さんの農場のコーンポタージュスープです。

スポンサードリンク



きみひめとは?

きみひめとは、山梨県限定品種の大変希少なトウモロコシです。

特徴は、強い甘味と果皮の柔らかさのバランスが良い絶品のトウモロコシです。

甘い果物の代表格のメロン(糖度12~18度)を超える最高糖度19度を誇る甘さのスーパースイートコーンです。

大きさは、やや小ぶりですが、実は先端までギッシリ詰まり、強い甘味と果皮の柔らかさのバランスが良いのが特徴です。

一口かじるれば、甘さが口の中で広がる絶品の美味しさ!

そして、味だけでなく、通常のトウモロコシよりも皮が薄くなって為、歯にはさまるようなこともなく、プチプチとした実の食感が味わえます。

食べ方は、生でも食べる事ができるほどで、更に火を通すとさらに甘みが増します。

また、産地が限定されるほど栽培が難しく、流通量も希少なとうもろこしでもあります。

山梨県甲府市は富士山や南アルプスなど3000m級の山々に囲まれた盆地で、朝晩の寒暖差が大きく、その気候風土により自らの命を守るため栄養分である糖分を多く発生させる為、中道地区で生産される、とうもろこしの栽培が始まり甘いトウモロコシに育ちます。

今回、ごはんジャパンが訪れた小林智斉さんの農場で育てる「きみひめ」の甘さの秘密は、こ笛吹川が育んだ肥沃な土壌で、こだわりの“堆肥”をたっぷり入れて作る“土”により甘く育ちます。

スポンサードリンク



きみひめ~とうもろこし~直売所

今回ごはんジャパンが訪れた小林智斉さんの旬果市場の直売所を紹介しますね。

旬果市場 農産物直売所

店舗情報

【店名】旬果市場 農産物直売所
【住所】〒400-1506 山梨県甲府市上向山町874-3
【TEL】055-220-5066
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月定休日
【駐車場】有り

きみひめの美味しい食べ方

きみひめは、生でもそのまま食べることが可能です。

また、火を通すとさらに甘みが増します。
火を通す場合は、皮をむいてラップでくんで、600wで5分程度電子レンジで加熱すると美味しく食べられます。

きみひめの小林智斉さんお薦めの食べ方は、シンプルに醤油をたらしこんがり焼く焼きとうもろこし、さらにキンキンに冷やして頂く生のとうもろこしがお薦めです。

フルーツ以上に甘いので、シンプルに味わいたいですね♪