大進亭~八王子~1キロこぶし唐揚げ1100円のお店はどこ?オモウマい店 メニューや口コミ

5月 10, 2022

スポンサーリンク

ヒューマングルメンタリー「オモウマい店」(2022年5月10日放送)では、大進亭~東京都八王子市~が紹介されます。

・1キロこぶし唐揚げ定食
・ご飯4合の激こぼれマーボー丼
・パリパリ五目焼きそば
などの人気メニューとデカ盛りで人気です。

実はオモウマい店MCのヒロミさんは、食べさせたい気持ち規格外の豪快店主と同級生だそうです。

今回は
・「大進亭(だいしんてい)」の場所はどこ?
・口コミ!追い麻婆は無い日もある説!?
・量が多いだけでなく味に拘りが!
・1キロこぶし唐揚げは二度揚げ!
・チャーハン用のご飯と定食用ご飯は別に炊く拘り
・麺も2種類の拘り
・カレーは3日目のカレー
・野菜類の仕込みも手作業
・厨房のエアダクト掃除はは1日2回で油汚れ知らずでピカピカ!
・人気メニューの口コミ
について投稿します。

1キロこぶし唐揚げが人気の大進亭(だいしんてい)はど~こだ?

スポンサーリンク

「大進亭(だいしんてい)」の場所はどこ?

今回のオモウマい店で紹介される「大進亭(だいしんてい)」はMCのヒロミさんの地元・東京都の郊外八王子市にあります。

店舗情報

【店名】
【住所】東京都八王子市大楽寺町184
【TEL】0426-51-9927
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】年中無休
【駐車場】有

お店の場所は、JR八王子駅から離れた場所で、バスか車でしか行けない場所に有ります。

JR八王子駅北口停留所からバス
陣05大久保行
約23分(19 駅)
料金: 340 円
二分方入口停留所下車徒歩3分

西八王子駅からバス
うえ01恩方ターミナル行
約13分(11 駅)
料金: 250 円
二分方入口停留所下車徒歩3分

なんでもこの遠さからご主人は、折角遠くまでわざわざ食べに来てくれたのに、物足りないまま帰らせるのは申し訳ないとの理由でデカ盛りを始めたそうです。

そのデカ盛りのアイデアを思い付いたのが元同級生のヒロミさんだったとか!?

口コミ!追い麻婆は無い日もある説!?

「ジョブチューン」などで、大進亭の「麻婆丼大盛り」(値段1230円)は、通常のマーボー丼の8人前(ご飯4合、ミンチ400グラム分の麻婆豆腐)のデカ盛りの丼の麻婆豆腐が溢れて提供され、更に別皿で追いマーボーで更に盛られると紹介されていました。

オモウマい店でも「激こぼれマーボー丼」として紹介れる様です。

しかし、この追いマーボーはいつも行われるのではなく、麻婆豆腐を盛り付け切れない場合にのみおこなっているそうです。

なので、丼に盛り付けきれたら追いマーボーは無い、との口コミがTwitterで投稿されていました。

スポンサードリンク



量が多いだけでなく味に拘りが!

量が多いお店の場合、味は大味のお店も少なくありませんよね。

でも、大進亭では、量が多いだけでなく味に拘りがあり味も大味でなく美味しいと評判です。

それはご主人が名店・北京大飯店で修行されていたからかもしれません。

ここからは料理への拘りを紹介します。

1キロこぶし唐揚げは二度揚げ!

人気のケンタッキーのフライドチキン程ありそうな1キロこぶし唐揚げは、3人兄妹の末っ子で長男の息子さんの考案です。

人気の唐揚げは、1個約120グラム、一般サイズの4倍ほどある巨大唐揚げが8個も盛り付けられ、その重さ合計約1㎏!

しかもたったの1,100円で、食べ切れなければ20円でパックを買って持ち帰り可能です。

お客さんからも「でかいのに全部ちゃんとうまい」
「もうやみつきになっています」と大味になっていないのも見逃せませんね!

そんな唐揚げは、時間をかけ二度揚げしています。

理由は2つあり、
先ず大きいので予熱で中まで火を通す必要がある
そしてセットで注文された時、注文された料理と同時に提供する為
という理由で、予めある程度揚げておくそうです。

二度揚げする事により皮はパリパリサクサク、お肉はふっくら食感に仕上がります。

自家製のタレ、生姜、ニンニクで下味をつけ、タライで卵、胡椒などを加え味付けしています。

1回の仕込みで鶏肉を約24キロ(半日分)使い、1日に多い時は40キロの鶏肉を仕込むそうです。

味は常にアップデートされていて、当初の味付けから変わっているそうです。

若い人のニーズの変化に対応する為、常に美味しくなるレシピを考え実践している為、常に味はアップデートをこれからも続ける、との事です。

息子さんの料理のアイデアは若いお客さん向けのメニューとして両親から信頼を得ています。

スポンサードリンク



チャーハン用のご飯と定食用ご飯は別に炊く拘り

チャーハン用はチャーハンに火が通りやすくなるように硬めに炊いているそうです。

そして炊きあがるとボウルに移して硬さにムラが出来ない様、よく混ぜてほぐすのだそうです。

麺も2種類の拘り

食材への拘りでラーメン用の麺も2種類に分けています。

・具が乗っかるラーメン用(麻婆ラーメンなど)

・味噌ラーメン、醤油ラーメン用

の2種類を使わけているそうです。

食べたときの食感と太さが違うそうですよ。

カレーは3日目のカレー

大進亭では、カレーも人気です。

オープン当初はそんなに売れなかったそうですが、口コミで美味しさが広まり人気メニューになりました。

人参、ジャガイモ、玉ねぎなど具だくさんで、3日間じっくり煮込んだ跡、寝かすとで具材の甘さがルウに染み込むそうです。

なんでも30年前に福生から八王子に移転して最初のお客さんがオーダーしたのがカツカレーだったそうですよ。

野菜類の仕込みも手作業

口に入るものだからと素材にも拘っています。

大進亭の料理はデカ盛りが人気の為、料理に使う野菜の量も多く、野菜のカットは機械に頼らず包丁なで手作業で捌きます。

例えばネギは2箱(10キロ)包丁でカットします。

特に唐揚げの味付けで使われている生姜も手作業で剥いて擦るのですが、手でニンニクを剥くと緑色(青色)になり、これが本来のおろした生姜の色なのだそうですよ!
味も市販のニンニクと全然違うそうです!

厨房のエアダクト掃除はは1日2回で油汚れ知らずでピカピカ!!

通常飲食店の掃除はオープン前に軽く客席の掃除をして厨房は営業終了後というお店が多いです。

その為、油を大量に使う中華料理店が油まみれで、町中華では店内のメニューまで油で読めないお店も度々見かけますね。

その点、大進亭の場合、厨房は午前と午後の1日2回、厨房のエアダクトを掃除をしています。

その為、一番油が溜まるエアダクトも30年以上営業しているお店と思えない程、ピカピカの状態です。

なんでも体に触れると皮膚が溶けてしまう程の洗剤で洗い上げているそうですよ!

これは店主の「中華料理は掃除に始まり掃除に終わる」という信念から来ているそうです。

特に飲食店の火事で原因となるのがエアダクトについた油に火が回って火災に至るケースが多く「味のイサム」でも油を炒めていたらエアダクトに火がついてボヤになったとご主人が言ってましたね。

ツイートにも
#店内清潔
のハッシュタグが!!

スポンサードリンク



人気メニューの口コミ

大進亭の人気メニューを口コミを踏まえて紹介します。

ご飯物は以下の通りです。

チャーハン

チャーハン大盛り(並720円+160円)

豚バラ丼

豚バラ丼(920円)

焼き肉丼


焼き肉丼

マーボー丼

マーボー丼(920円)
大盛りで丼に乗り切らない場合は、別皿で追いマーボー!

ご飯ものメニューは、+160円で大盛に。

定食(セット)

定食は以下の通りです。

Aセット

唐揚げ定食・餃子5個のAセット(1100円)

Bセット

唐揚げ定食・半ラーメンのBセット(1100円)

Cセット

豚バラ丼・半ラーメンのCセット(1100円)

Dセット

焼肉丼・半ラーメンのDセット(1150円)

Eセット

チャーハン・餃子5個・半ラーメンのEセット(1200円)

酢豚定食

酢豚定食(990円)

ニラレバ定食

ニラレバ定食(920円)

肉野菜炒め定食

肉野菜炒め定食(920円)

生姜焼き定食

生姜焼き定食(920円)

カレーライス

カレーライス(820円)
3日間じっくり煮込んで寝かしたカレーのルウは、ジャガイモ、人参、玉ねぎなど野菜がなどの具材がたっぷり溶け込んでいます!
カレーは30年前のオープンから口コミで広がり中華料理店なのに人気メニューの一つです。

唐揚げカレー

唐揚げカレー(920円)

カツカレー

カツカレー(970円)

麺類

麺類のメニューを紹介します。

五目焼きそば

五目焼きそば大盛り 1190円(並870円+追いあんかけ320円)

avatar

麺4玉、豚バラ150グラムにたっぷりの野菜です!

かた焼きそば(太麺)

かた焼きそば(880円)

マーボーメン

マーボーメン(920円)

天津メン

天津メン(870円)

もやしラーメン

もやしラーメン(870円)

チャンポン

チャンポン(920円)

タンメン

タンメン(920円)

坦々ラーメン

坦々ラーメン(990円)

ソース焼きそば

ソース焼きそば(820円)