そば処三国~群馬県~三国大漁船&おっきりこみ お店はどこ?オモウマい店

5月 31, 2022

スポンサーリンク

ヒューマングルメンタリー「オモウマい店」(2022年5月31日放送)では、群馬県の舟でやってくる巨大そば「三国大漁船」の「そば処三国」が紹介されます。

「店前に花が飾られている店はオモウマい?」を調査すると、群馬県吉岡町で法則通りのそば店を3秒で発見しました。

手打ち蕎麦は、常連客からも「ツルツルの音が最高」「喉越しが良い」と人気でコーヒーサラダ付きの「三国大漁船」の他にも群馬県のソウルフード快感のどごしの名物おっきりこみうどんが人気です。

令和のおとぎ話ともいえる演歌歌手女将の四つ葉のクローバー物語の展開に?

その四つ葉のクローバーを、同じ群馬県太田のエキサイティングな「うなぎ野沢屋本店」に持っていくと・・・。

今回は
・「そば処三国」の場所はどこ?
・人気メニュー「おっきりこみ」とは?
について投稿します。

四つ葉のクローバーが見つかった「そば処三国」はど~こだ?

スポンサーリンク

「そば処三国」の場所はどこ?

店舗情報

【店名】そば処三国
【住所】群馬県北群馬郡吉岡町上野田86-3
【TEL】0279-54-0392
【営業時間/ランチ】11:30~14:00夜は予約のみ
【定休日】月曜日 ※臨時休業あり
【駐車場】8~10台

他に飲食店も見当たらない田んぼが多い土地にポツンと一件たたずむお店です。

徒歩の場合、JR八木原駅から徒歩40分程です。

車の場合、駒寄スマートICから県道25号線を経由し、伊香保温泉方面へ向かうこと車で約10分程です。

スポンサードリンク



人気メニュー「おっきりこみ」とは?

人気メニュー「おっきりこみ」とは、群馬県を代表するソウルフードのうどんです。

小麦文化が栄えた群馬の伝統の味を受け継ぐために郷土料理として、平成26年に群馬県無形民俗文化財にも登録されたほどです。

その名の由来は、麺棒に小麦をこねて伸ばしてできた幅広いままの生地をまき、そのまま包丁で切り込みを入れ、切っては切っては鍋に入れるところが語源と云われています。

作り方は、麺と一緒に根菜類やジャガイモ、サトイモを中心に季節の野菜を煮込み、味付けは醤油や味噌、醤油と味噌の合わせ味など地域や家庭によってそれぞれのレシピがあります。

「そば処三国」ではカレー味、味噌味、醤油味、そしてスペシャル(本鴨・おもち・玉子入り)が用意されています。