土井スズ子 96歳豊洲でピザを焼く女性 魚河岸トミーナはどこ?人気メニューは?サタプラ!幸せいっぱい自己流ライフ!

スポンサーリンク

サタプラの幸せいっぱい!自己流ライフでは、96歳の豊洲でピザを焼く女性土井スズ子さんの生活が紹介されます。

“自分の生き様”を貫き、幸せ一杯に暮らしている家族のライフスタイルに密着するコーナーで、今回は東京の台所と呼ばれる豊洲市場内・唯一のイタリアン魚河岸トミーナの土井スズ子さんの1日に密着し“幸せな生き方”を学びます。

毎朝11時には出勤し、96歳ながら15時まで3〜4時間、立ちっぱなしでピザ窯を見守っています。

今回は
・土井スズ子さんのプロフィール
・ピザを焼き始めたきっかけ
・お店の場所はどこ?人気メニューは?
・長生きの秘訣
についての投稿です。

放送日:2022年1月21日(土)7時59分~9時25分

スポンサーリンク

土井スズ子さんのプロフィール

1926年(大正15年)1月25日生まれ、長野県上田市出身。

高校卒業後に上京し、ソ連大使館のハウスキーパーを経て、21歳で紳士服店を経営するご主人と結婚し、長女節子さんが誕生しました。

時は戦争が終わったばかりで、ご主人からみんな食べるもの、着るもの、住むところの3つに関わる商売がこれからは売れる、との助言で、紳士服の学校に通いテーラーとなり、日本橋宝町に店を設け店は繁盛したそうです。

節子さんを育てながら婦人服を仕立てる仕事を行い順調でしたが、節子さんの結婚を機に46歳できっぱり引退しました。

それは憧れていた世界旅行の為で、家が2軒建てられる程の旅費を費やして100か国以上、全世界195か国近くを周ったそうです。

66歳で夫を亡くしています。

75歳から節子さん夫婦が経営する築地市場場内「築地魚河岸トミーナ」(夫婦ともイタリアで修行経験あり)の手伝いをすることになり、ピザを初めて焼きました。

ピザを焼き始めたきっかけ

当時築地にあった夫婦が経営する冨山節子さん(73夫妻の経営する「築地魚河岸トミーナ」を手伝ったのがきっかけで、おやきを焼くようなものじゃない、と思って自らピザ焼きを買いでたそうです。

好奇心が旺盛な方で、イタリアで主業した節子さんの夫のピザ作りを横で見て、見よう見まねで覚えましたそうです。

ピザ作りを習った経験はありません。

それでもスズ子さんのピザが人気なのは世界旅行で100ヶ国以上を渡りピザの様な小麦粉ベースの郷土料理を食べた経験から味覚が鍛えられたからかも知れません。

お店の場所はどこ?人気メニューは?

店舗情報

【店名】イタリアン魚河岸トミーナ
【住所】11:00~14:00(L.O.13:30)
【TEL】03-6633-0039
【営業時間/ランチ】
【営業時間/ディナー】
【定休日】日、祝日、休市日
【駐車場】無

人気メニューは豊洲市場ならではの新鮮な魚介がたっぷり入った極上海鮮ピザです。

長生きの秘訣

長生きの秘訣をは、細かいことを気にしないこと。

そして「おもしろそう」「行ってみたい」と思ったら、まずはやってみる気持ちを持ち続けること!

との事です。」