上原梓子 粟国島に移住~しまカフェ~ヒージャー珈琲店舗メニュー~元ライターの幸せいっぱい自己流ライフ!サタプラ

スポンサーリンク

サタプラの幸せいっぱい!自己流ライフでは、では沖縄県粟国島(粟国村・あぐりむら)に移住し、しまカフェ~ヒージャー珈琲を経営する元ライター上原梓子(うえはら あずさこ)さんの生活が紹介されます。

“自分の生き様”を貫き、幸せ一杯に暮らしている家族のライフスタイルに密着するコーナーで、今回はヒージャー珈琲オーナーで、元ライター上原梓子さんに密着し“幸せな生き方”を学びます。

今回は
・粟国島に移住した元ライター上原梓子(うえはら あずさこ)さんのプロフィール
・しまカフェ~ヒージャー珈琲の人気メニュー営業時間や定休日など店舗情報
・粟国島観光、島へのアクセスや飛行機フェリーの日程や料金
・粟国村の医療に関してお願い
についての投稿です。

放送日:2022年月日(土)7時58分~9時25分

スポンサーリンク

粟国島に移住した元ライター上原梓子(うえはら あずさこ)さんのプロフィール

上原梓子さんは、神奈川県横浜生まれの小田原育ちです。

家族は、2018年3月粟国島赴任4ヶ月目で結婚した村役場で働いているご主人と猫のリアちゃんです。

東京での職業は音楽雑誌の元ライター編集者でした。

30代の時ハードワークによるパニック障害を患ってしまいました。

そして東京での生活に限界を感じるようになったそうです。

しかし海の近くで育ったせいかぼーっと海を眺めていると癒されていることに気が付いたそうです。

ある時、クロアチア共和国のアドリア海に浮かぶコルチュラ島への一人旅で芝の美しさに魅了されたそうです。

そんなこともあり海が近いどこかの島への移住を考え始めました

そこで見つけた沖縄県・粟国島(粟国村)の「粟国村地域おこし協力隊」に応募しました。

地域おこし協力隊の担当ミッションは、移住定住促進・空き家活用・地産地消・粟国島ポータルAgunityでの情報発信。

「粟国島地域おこし協力隊サイト」の制作・運営、また元ライターの経験を活かし広報誌の協力隊ページ「月刊ちむどんどん」の編集も担当していました。

そこで、2017年に地産地消を推進する島内で採れた新鮮野菜や手づくりの加工品を移動販売するイベント「青空マーケット」の運営に携わり、その縁で2018年の10月粟国島に移住しました。

月1回、地元の野菜を移動販売する青空マーケットは島のひと同士のゆんたく(おしゃべり)のコミュニケーションの場になり、その場として空き家を再生しカフェのオープンをする企画し、空き家再生プロジェクトが始まりました。

空き家再生プロジェクトの資金集めとして、クラウドファンディングを利用し、2021年5月、島民のみなさんと古民家を自らDIYリノベーションし、一から作りあげたカフェ「しまカフェ ヒージャー珈琲」を立ち上げました。

※2020年10月19日をもって、粟国村地域おこし協力隊3年間の任期を終了

スポンサードリンク



しまカフェ~ヒージャー珈琲の人気メニュー営業時間や定休日など店舗情報

店舗情報

【店名】しまカフェ ヒージャー珈琲
【住所】沖縄県島尻郡粟国村字東355番地
(中央公民館・端田原集会所・粟国給油所の近く)

【TEL】098-987-4885
【営業時間/夏季営業/ランチ】11:00~14:00
【営業時間/夏季営業/カフェタイム】15:00~19:00
【営業時間/冬季営業/ランチ】11:00~15:00
【営業時間/冬季営業/バータイム/金・土】19:00~23:00
【定休日】火・水曜日
【座席数】22席(室内:16席 テラス席:6席)
【Wi-Fi】フリーWi-Fi有り
【喫煙】屋内禁煙・テラス席喫煙可
【駐車場】4台

粟国島は、外周12kmほどの小さな島で「しまカフェ ヒージャー珈琲」は、粟国空港から車で30分ほどの場所にあります。

このカフェが出来るまでは、島ではあまり口にすることができなかったおしゃれなカラフルで可愛いドリンクメニューが味わえる、と女性を中心に人気になり、子育て中のママも集まるようになり、仕事の昼休憩中にテイクアウトしに訪れる女性も出てくるほど親しまれるようになったそうですよ。

人気メニューは、無農薬で育てた自家栽培のマメ科のハーブの一つであるバタフライピー(日本名でチョウマメ~蝶豆~)や同じく自家栽培のローゼルを使ったドリンク類です。

上原梓子さんのバタフライピーは大きめに育っているそうです。

上原梓子さんが育てたバタフライピーは、お店の通販でお取り寄せも可能です。

また、協力隊OGの寺井絵美子さんが育てた期間限定の貴重な粟国島産天然はちみつ天然ハチミツなどを使ったメニューも力を入れています。

あぐに島はちみつパフェ(期間限定)790円

ランチメニューでは、一皿で島の素材があれこれ味わえる「店主のきまぐれランチプレート」(1100円)を提供しています。

テイクアウト(1080円)も可能です。

スポンサードリンク



粟国島へのアクセス

粟国島は、沖縄県の他の島々と比較すると小さく、知名度も低いそうです。
人口も700人を割り680人程だそうです。
観光客は1年を通じて現在は、2000人程で、パンデミック以前は3~4000人程だったそうです。
観光客の内訳は、ほぼダイビング目的だそうです。
粟国島としては、年間1万人の観光客を目指しているそうです。

粟国島までの交通手段は飛行機「第一航空株式会社 沖縄路線」とフェリー「ニューフェリーあぐに」になります。

第一航空株式会社 沖縄路線

飛行機は週3回の運行です。
(諸事情により運休も有ります)

第一航空株式会社
月・水・土曜日 1往復
所要時間約25分

・那覇発 粟国行  9:15発(那覇空港カウンター受付 7:30-8:30)
・粟国発 那覇行 11:15発(粟国空港カウンター受付 10:10-10:40)

追加便 1往復(月ごとに運航曜日は変動)
・那覇発 粟国行 12:30発(那覇空港カウンター受付 9:00-11:30)
・粟国発 那覇行 14:30発(粟国空港カウンター受付 13:30-14:00)

大人・シニア
(満12歳以上) 8,000円
小人
(満3歳以上12歳未満) 4,900円

ニューフェリーあぐに(那覇船舶連絡事務所)

フェリー「ニューフェリーあぐに」は1日2便ありますが、到着2時間後には沖縄本島に引き返すので、泊まりが前提となります。

所要時間約2時間

(那覇泊港発) 9:55
(粟国島着)12:05
(粟国島発)14:00
(那覇泊港着)16:10

大人料金(中学生~)

【片道】 3,470円
【往復】 6,590円

小人料金(小学生~)

【片道】1,740円
【往復】3,120円

団体割引(大人:15名以上)

【片道】3,310円
(往復割引なし)

那覇船舶連絡事務所
那覇市泊3丁目25-1 とまりん1階
電話番号 098-862-5553
ファックス番号 098-866-6847

フェリー運航情報

コミュニティバス アニー号

【運賃~大人~中学生以上】100円
【運賃~小人~小学生】50円

コミュニティバスルート図 (PDFファイル)

コミュニティバスアニー号 運行時刻表 (PDFファイル)

デマンド型乗合タクシー りかりか号

デマンド型乗合タクシー りかりか号
デマンド型乗合タクシーとは、予約して利用する乗合タクシーです。
目的地に直行する通常のタクシーとは異なり、他の人も乗り合って路線を通って目的地へ送迎するタクシーです。
【運賃~大人~中学生以上】200円
【運賃~小人~小学生および75歳以上】100円

予約先
予約時間:8時30分〜16時15分
運行時間:8時30分〜16時30分
ドライバー直通電話 080-9852-7362

上記時間外 粟国村役場 総務課 098-988-2016

上記の粟国島(粟国村)の交通(アクセス)の詳細は粟国村HPへ

医療に関してお願い

粟国島は、診療施設が小さく入院も出来ないので、旅行で訪れる際は、ウイルスに対するワクチン接種と直前のPCR検査は必須となります。
また通常の怪我や病気でも保険証がないと、時間や手間がかかるので、保険証は必ず持参して旅行に来て欲しいとの事です。