近藤誉&千里一家 岡山県の山暮らし!小屋で自給自足で清流にホタルが!サタプラ

7月 29, 2022

スポンサーリンク

サタプラ 近藤誉&千里一家は岡山県美作市の自作の小屋で山暮らしをしています。

ホタルが舞う清流のお水を生活水に利用するという “自分の生き様”を貫き、幸せ一杯に暮らしている自己流自給自足ライフです。

今回のサタプラは「山で自給生活する家族」から“幸せな生き方”を学びます。

今回は
近藤誉&千里一家の小屋はどんな家?
ライフラインは自然相手
土地代や建築費は幾ら?
職業は?
買い出しはどうしてる?
ついての投稿です。

2022年6月18日放送

スポンサーリンク

近藤誉&千里一家の小屋はどんな家?

・近藤誉(こんどうほまれ)さん(44歳)
・近藤千里(ちさと)さん(44歳)、
・近藤乃空(のあ)ちゃん(6歳)
・近藤根生(ねお)くん(2歳)
・愛猫のさつき10歳くらい
という家族構成千里一家の小屋は、中国地方きっての温泉地岡山県北の美作三湯(みまさかさんとう)のひとつで湯郷温泉を有する、岡山県美作市の車も通れない山道の山奥にあります

この山奥の8000坪の山林を買って地方移住してきました。

集落の外れにある大きさは6坪約20㎡強+ロフト3坪の片流れの屋根の小屋を建てて暮らしています。

生活水、電気などライフラインは自然の恵みを利用しています。

2014年の6月に移住し、テント生活でホタルが舞う清流の蕎麦に自分たちで小屋のセルフビルドを始め、2015年正月に完成しました。

日中寛げるウッドデッキは屋根付きで屋外キッチンとつながっています。

建築中は、すでに長女の乃空(のあ)ちゃんを身ごもっており、完成時はやっと落ち着いて生活出来ると安心したそうですよ。

子供用に滑り台もDIYで自作しました。

スポンサードリンク



ライフラインは自然相手

生活水、電気などライフラインは自然の恵みを利用しています。

生活水は家の脇を流れる小川(沢)の水を引き込んで畑や飲水用に利用しています。

6月の夜はそこら中にはホタルが舞う清流で、この小川がこの土地を購入する決めてになったそうですよ。

家にいながら毎晩ホタル観賞が可能です。

ホタルが舞う清流
ホタルが舞う清流

当初、電気は通っていませんでしたが、現在は200W×3枚、計600Wのの太陽光発電パネルを設置しており、晴れた日は洗濯機を回せる位の電力だそうです。

※この様な太陽光発電パネルを3枚設置してます。

食材冷やすのは、清流の冷たい湧
き水冷蔵庫代わりにして冷やします。

これぞ日本の田舎の原風景ですね。

当ブログ管理人の田舎の祖母の家も湧水を溜めて夏場は畑で収穫したスイカ、キュウリ、トマトなどを冷やしていました。

ガスは通っていない為、調理の熱源は灯油コンロ、カセットコンロ、七輪、ロケットストーブなどを駆使しています。

光に虫が集まってくる夕食は、蚊帳の中でとるそうです。

お風呂は、雨よけ付きの薪焚きの露天風呂です。

冬の暖房は、薪ストーブで、ホンマのMS-403TXを使用しています。

トイレは、隣の小屋はコンポストトイレと呼ばれる木質材によって排せつ物を堆肥化する方式で、このコーナーで紹介された家は大体この方式ですね。

スポンサードリンク



土地代や建築費は幾ら?

8000坪の山林土地代の価格は、220万円
建築費は畳は廃材を利用するなどで、約60万円
だったとの事です。

職業は?

ご主人は、物件を紹介してくれた不動産屋での山林整備や物件紹介などの手伝いを仕事にしているとの事です。
ブログ「地球生活NEO」

奥さんの近藤千里(ちさと)さんは専業主婦との事です。

買い出しはどうしてる?

買い出しは、車で10分も走ればスーパーもコンビニもホームセンターもあるそうです。

しかし、家は車をおける場所から遠いので山道を歩いて運ぶのが大変だそうですよ。