花門 イラン人の居酒屋 上板橋 東京 お店の場所はどこ?メニュー!サタプラ

11月 25, 2022

スポンサーリンク

サタプラの幸せいっぱい!自己流ライフでは、東京都板橋区上板橋で全品400円で料理もデカ盛りの居酒屋「花門」を経営するイラン人男性・コルドバッチェ マンスール(マンス)さん(58)と奥さんのきよみさん(60)の生活が紹介されます。

“自分の生き様”を貫き、幸せ一杯に暮らしている家族のライフスタイルに密着するコーナーで、今回は居酒屋「花門」店主・マンスールさん、きよみさん夫婦に密着し“幸せな生き方”を学びます。

今回は
・居酒屋「花門」の場所はどこ?
・メニュー
・全品400円均一の理由
についての投稿です。

放送日:2022年月日(土)7時59分~9時25分

スポンサーリンク

居酒屋「花門」の場所はどこ?

店舗情報

【店名】居酒屋 花門 comeon
【住所】東京都板橋区上板橋3-6-7

【TEL】03-3935-9222
【営業時間】17:00~24:00(L.O.23:00)
【定休日】火曜日
【駐車場】無

上板橋駅から徒歩5分、富士見街道沿いのカウンター 8席、座敷 約20席の小さなお店です。

今年9月20日で30周年を迎えた居酒屋 花門は、すべての料理がデカ盛りで値段も400円という激安の居酒屋さんです。

店名の由来は、come on!で駄洒落好きなご主人・マンスールさんのカモンの駄洒落だそうです。

メニュー

おまかせサラダ

オムライス

イラン人気ロール

ベーコンエッグ

カルボナーラ

唐揚げ

食べきれない場合無料パックで持ち帰り可能。

スポンサードリンク



全品400円均一の理由

開店から2年の28年前までは、激安でもデカ盛りがウリでも無い普通の居酒屋で、メニューによって値段がバラバラでした。

ある日、夫婦のお客さんが来店し、妊婦の奥さんが800円のサイコロステーキを食べたがっていましたが、主人の予算オーバーとの言葉で一番安い380円の焼きそばを注文いました。

その姿が忘れられず、これがニッポンまで来て本当にやりたかった居酒屋だったのか?

と自問自答したそうです。

そして考え抜いた結果、あの奥さんのお腹の中の赤ちゃんにもいっぱい食べさせてあげたいと思ってメニューの値段を一番安い380円に統一し、料理も大盛りにしたのが、現在の全ての料理は、デカ盛りで400円の営業形態に繋がっています。

その奥さんも数日後お店を訪れ、喜んでサイコロステーキを食べたそうです。

作れば作るほど赤字で、例えばナポリタンは、ベーコンやソーセージなど、具材だけですでに500円。

そこにケチャップ500グラムとトマト缶を1缶、600グラムのスパゲティが入り、作る度に約740円の赤字となるそうです。

ですので、料理だけでは赤字なので、お店に行ったらワンドリンク制ではありませんが、出来るだけ利益が出るドリンクを頼んで下さいね。

赤字分は開店前に近所の生コン会社)重機免許も取得済み)で、5時間の作業を20年以上続け、他にも知り合いの依頼で犬の散歩などのアルバイトで補っています。

お子さんは二人の娘さんがおり、30周年の日は長女の真妃(28)さんもお店の手伝いに顔を出していました。