ケンミンショー極 なると屋 小樽 若鶏の半身揚げ 通販でお取り寄せやデリバリー出来る店舗情報

6月 3, 2021

スポンサーリンク

秘密のケンミンSHOW極(2021年6月3日)では、小樽に住む北海道ミンのソウルフード「なると屋 若鶏の半身揚げ」が紹介されます。

小樽「なると屋」の「若鶏の半身揚げ」は、パリパリの皮と柔らかく、ふっくらジューシーなお肉は最大級の塩味!

食べ方は手づかみがうまい!

そんな絶品小樽チキングルメの魅力をディスカバーします。

この投稿では以下「なると屋」の「若鶏の半身揚げ」の情報を紹介します。

・「なると屋」の「若鶏の半身揚げ」は、通販でお取り寄せは可能
その種類は、冷凍、冷蔵、真空パックの3種類
ふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能
・値段
・北海道以外で食べられるお店
・お取り寄せした若鶏の半身揚げを温める方法と食べ方
・デリバリー(出前・テイクアウト)可能なお店

スポンサーリンク

なると屋 若鶏の半身揚げをでお取り寄せする方法

小樽市民のソウルフードとも言っても良い「なると屋」の若鶏の半身揚げの美味しさの魅力は、外はパリパリの皮、中は柔らかく、ふっくらジューシーで、絶妙な塩味に有ります。

60年以上引き継がれる美味しさの秘密は、揚げる温度と調味料にあります。

外はカリッと、中はジューシーに仕上げる為、通常の半身揚げ(素揚げ)より20度も高い200度の高温で揚げるています。

外がカリっと揚がったら一旦取り出して中に火が通る様に切れ目を入れ、もう一度揚げる二度揚げで仕上げています。

この高度な調理法を身につけるのには3年ほどかかるそうですよ!

「なると屋」で提供される鶏肉は、生後40~43日のブロイラーが使われ、門外不出の塩コショウのみで味付けされているそうです。

また、現在暖簾分けのお店は、本家「若鶏時代なると本店」「なると屋」「なるとキッチン」など件以上ありますが、味は一定です。

それは、「なると屋」の仕込み工場で均一に味付けして各店舗に送られるからだそうですよ。

そんな小樽「なると屋」の若鶏の半身揚げをお取り寄せ出来る通販出来るサイトを紹介しますね!

なると屋 若鶏の半身揚げをでお取り寄せ出来る通販サイト

なると屋 若鶏の半身揚げを通販でお取り寄せ出来る通販サイトは、Yahoo!ショッピングです。

「なると屋」さんは、Yahoo!ショッピングモールに出店しています。

若鶏の半身揚げは、冷凍、冷蔵、真空パックの3種類が販売されています。

≫≫北海道小樽市★なると屋 Yahoo!ショッピングモール お取り寄せ一覧

■ 冷凍(値段)980円

≫≫【小樽なると屋】商品 若鶏の半身揚げ(単品)【冷凍品】

■ 冷蔵(値段)980円

≫≫【小樽なると屋】商品 若鶏の半身揚げ(単品)※冷蔵品※

■ 真空パック(値段)1000円

≫≫北海道小樽市★なると屋 若鶏半身揚げ(真空パック)× 1P

ふるさと納税の返礼品として受け取る

北海道小樽市のふるさと納税の返礼品として受け取る事が可能です。

小樽名物「なると屋」の若鶏の半身揚げの他、小樽を代表する魚「にしん」、海の幸「紅ずわいがに」、ラム肉のジンギスカン、そして人気の海鮮鍋の計6種7品が入った詰め合わせです。

スポンサードリンク



なると屋 半身揚げ 温め方、食べ方は?

電子レンジの場合は、ラップをしないで約6分(600W)温めます。

でも電子レンジの場合、パリパリの皮が柔らかくなるのが嫌!とう場合はオーブントースターがお勧めです。

オーブントースターの場合、油が垂れない様にアルミホイルを敷いて表面上にして5分程焼けば皮のパリパリ感は損なわれませんよ。

冷凍の場合口コミでは、パックのまま流水で解凍して常温に戻してオーブントースターで12分ほど温めるのが良いとのことですよ。

そして食べ方は、アッツアツをのままハフハフしながら熱いのを我慢して、手づかみで豪快に!!

東京でも食べられる!デリバリーも!

なると屋は「なるとキッチン」という屋号で暖簾分けして東京にも進出しているので東京でも味わう事が出来るんですよ。

またキッチンカーも有りますよ。

スケジュール・場所はTwitter、Instagramで告知されますよ。

TwitterのIDは、なるとキッチン@NarutoKitchen です!

東京の他、東京、岐阜、鈴鹿、名古屋、広島に暖簾分けのお店がありますよ。

しかも、今どきらしくウーバーイーツや出前館でデリバリーを行っているお店もあるので、外出を控えたい、お家ごはんで味わいたい!と言う方にピッタリですね!

デリバリーの場合、店舗によって出前出来る商品が違うので、ご確認くださいね!

東京

【店名】(東京)五反田店
【住所】東京都品川区西五反田2-26-4-1F
【TEL】03-6417-0780
【営業時間/月〜土】17:00-24:00
【営業時間/日・祝】 17:00-23:00
【定休日】年中無休

【店名】(東京)渋谷店
【住所】東京都渋谷区渋谷3-6-19-1F
【TEL】03-6805-1985
【営業時間】(月〜金) (昼)11:30~14:30/(夜)17:00~23:00
(土・祝) (夜のみ)17:00~23:00
【定休日】年中無休

【店名】(東京)荻窪店
【住所】東京都杉並区天沼3-9-2
【TEL】050-1506-6043
【営業時間/昼】11:30~14:30
【営業時間/夜】17:00~22:00
【定休日】年中無休

中部・東海

【店名】(岐阜)岐阜店
【住所】岐阜県岐阜市住田町1-17 ミラノビル1階
【TEL】058-263-7070
【営業時間/昼】11:30~14:30
【営業時間/夜】17:00~23:00 (金・土は〜25:00)
【定休日】年中無休

【店名】(三重)鈴鹿店
【住所】三重県 鈴鹿市 中江島町 17-10
【TEL】050-5872-5107
【営業時間/昼】11:30~14:00
【営業時間/夜】17:00~21:00
【定休日】日曜日

【店名】(愛知)名古屋店
【住所】愛知県名古屋市中区丸の内3-23-28-1F
【TEL】052-265-7757
【営業時間/月~金】(昼)11:30~14:30 / (夜)17:00 ~ 23:00
【営業時間/土・祝】17:00~23:00
【定休日】日曜日

広島県

【店名】(広島)広島店
【住所】広島市南区松原町1-2 ekie2F バルゾーン
【TEL】082-207-3357
【営業時間/昼】11:00~15:00
【営業時間/夜】15:00~23:00
【定休日】日曜日

コラボ店舗/デリバリー専門店

テイクアウト専門店の一覧です。

【店名】(水道橋)曾さんの餃子
【住所】千代田区西神田 2-7-14 YS西神田ビル 1F
【TEL】03-6261-7674

【店名】(府中)居酒屋 彩
【住所】東京都府中市宮町1-23-9中野ビルB1
【TEL】042-203-2246

【店名】(青山)PRBAR
【住所】東京都港区北青山2-12-35 B1F
【TEL】03-6434-5727

【店名】(調布)デリバリー専門店
【住所】東京都調布市小島町2-51-3ロイヤルビル4F
【TEL】042-4980-8677

【店名】(武蔵境)なるとキッチンデリバリー専門店
【住所】東京都武蔵野市境南町2-1-6ライザ武蔵境B1階
【TEL】042-232-7001

【店名】(麻布十番)デリバリー専門店
【住所】港区麻布十番1-11-10 十番アネックスビル 2
【TEL】03-3585-8889

【店名】(祖師ヶ谷)なるとキッチンデリバリー専門店
【住所】東京都世田谷区祖師谷3-32-5アソルティ祖師谷1F
【TEL】03-6411-2661

【店名】(武蔵小金井)なるとキッチンデリバリー専門店
【住所】東京都小金井市本町1-8-4ライオンズマンション武蔵小金井第2-2F
【TEL】042-387-8550

【店名】(相模原)北海本気ダコ
【住所】神奈川県相模原市南区相模台2-4-2吉見ビル1階
【TEL】042-705-2033

【店名】(日吉)濃厚煮干しそば麺匠 濱星
【住所】神奈川県横浜市港北区日吉本町1-3-16-1階
【TEL】045-620-2920

【店名】(越谷)串焼き 七味屋
【住所】埼玉県越谷市越ヶ谷1-1-7
【TEL】048-967-1668

【店名】(奈良)デリバリー専門店
【住所】奈良県奈良市山陵町162-1
【TEL】0742-34-1050

【店名】(大阪 西大橋)ENISHI NOODLES 328
【住所】大阪市西区新町1-29-7JUNWILL新町1
【TEL】06-6532-1221

若鶏時代なると本店

「なると屋」は現在3代目の安倍哲也さんの祖父が始めた「若鶏時代なると本店」の暖簾分けのお店です。

「若鶏時代なると本店」は元々はお好み焼き屋さんで鉄板焼のお店でした。

店名の「なると」は祖父・祖母が淡路島のご出身で、鳴門海峡から命名したそうです。

当初、鉄板で若鶏の半身を蒸し焼きにしていたのですが、出来上がるまで30分もかかっていました。

そこで、揚げてみて常連さんに出したところ、気に入られて油であげるレシピになって、それからは半身揚げがメインになったそうです。

そして小樽らしくお寿司の提供もしており、現在も半身揚げとぽお寿司が看板メニューになっているそうです。

まとめ

・「なると屋」の若鶏の半身揚げの美味しさの魅力は、外はパリパリの皮、中は柔らかくジューシーで、絶妙な塩味
・ 店名の由来は創業者が淡路島のご出身で鳴門海峡から命名
・200度の高温で揚げて皮がパリパリになったら包丁を入れて中まで火を通す二度揚げ