BaBaピザ~千葉県山武市蓮沼~平均年齢78歳!巨大はまぐりピザ屋の場所はどこ?オモウマい店

6月 21, 2022

スポンサーリンク

ヒューマングルメンタリー「オモウマい店」(2022年6月21日放送)では、千葉県山武市蓮沼地区のBaBaピザが、おいしさの駅伝?店主6人リレーピザ店として紹介されます。

具に地場産のはまぐりのとろ~りチーズ巨大はまぐりピザ、いわしやネギをふんだんに使ったピザの他にもカレーピザも人気です。

店名は、平均年齢78歳の6人のババアがやっているから、という理由で「BaBaピザ」と命名されたそうです。

今回は、埼玉県滑川町「茂三郎」のそば打ちで36番目の弟子となったADがピザでも名人に?

この日他に紹介される「オモウマい店」はBaBaピザの他に・・・

・味のイサム~番組片桐ディレクターお手伝い中華!再オープン初日びっくり行列
などです。

今回は
・平均年齢78歳の6人のピザ屋さん「BaBaピザ」の場所はどこ?
・ピザメニューと口コミ
・オープンのきっかけ
について投稿します。

平均年齢78歳の6人のピザ屋さん「BaBaピザ」はど~こだ?

スポンサーリンク

平均年齢78歳の6人のピザ屋さん「BaBaピザ」の場所はどこ?

BaBaピザは、地元の野菜や九十九里浜で獲れたハマグリ、鰯や海水ネギなどを使ったピザが人気です。

看板メニューは「まはぐりピザ」です。

生地の食感は、厚いもっちりとしています。

店舗情報

【店名】BaBaピザ(ババピザ)
【住所】千葉県山武市蓮沼ハ103
【TEL】090-8343-7261
【営業時間/金曜・土曜・日曜】11:00~15:00
【営業時間/ディナー】
【定休日】月曜日~木曜日
【駐車場】

場所は、千葉県房総半島外房の九十九里浜に近い道の駅 「オライはすぬま」が交差点を挟んで斜向かいに有ります。

移転した「NPOさんさん味工房(はすぬま味工房)」のお店を居抜きで借り受けています。

徒歩の場合、総武本線「横芝駅」で下車し、千葉交通蓮沼循環バスの「蓮沼郵便局停留所」下車で徒歩10分程です。

スポンサードリンク



ピザメニューと口コミ

ピザメニューを口コミを踏まえて紹介しますね。
■ まはぐりピザ:1,200円

「ハマグリの旨味が全体を覆い、具としてのハマグリも噛みごたえ抜群」
「具は存在感稀薄。でも出汁バッチリ。」
「地の野菜&チーズとしっかりマッチ、美味。」
「さすがは看板メニュー。」
「食感はクリスピータイプと真逆のもちもちピザ」

■ いわしピザ:900円

いわしピザは、ハマグリの煮汁で作ったホワイトソースを塗った上に、山武市特産のザクザクの「海水ネギ」をたっぷりのせて、さらに九十九里で水揚げされた鰯をトッピングしており、ほとんどのお客さんがオーダーするほどの人気商品です。

「海水ネギの甘くてシャキシャキした食感とイワシの香ばしさが美味しい!」
「玉ねぎもたっぷりで甘い」
「セグロイワシ10匹。コレも地の名産。」
「アンチョビみたいな濃厚さは無く、あくまであっさり、和の上品な風味。」
「海水ネギの方が存在感は上、コチラ多すぎ?」
「地の野菜&チーズとしっかりマッチ、美味。」

と人気です。

■ ミックスピザ:900円

■ カレーピザ:900円
■ フルーツピザ:900円
■ イワシとネギのピザ:900円

スポンサードリンク



オープンのきっかけ

橋本京子さんと、地域の婦人会活動の主婦仲間で結成した「笑(しょう)の会」メンバーで、2019年6月にオープンしたピザ屋さんです。

オープンのきっかけは、橋本京子さんが69歳のときにくも膜下出血で入院し、退院後に体力作りにと仲間と始めたグラウンドゴルフでした。

そのグラウンド横の休憩小屋にあったピザ用の薪窯で、ピザを焼いてはみんなに振る舞いまったそうです。

すると、そのピザが美味しいと評判になり、みんなでいつかピザ屋を始めようと計画を始めたそうです。

そして、市が管理する施設NPO法人さんさん味工房(はすぬま味工房)をボランティア活動していた「笑の会」メンバーと借り、オープンに辿り着いたそうですよ。

具に地場産のハマグリやネギをふんだんに使い、人気を集めている。

営業日。さっそく常連さんが来店しました。ご注文はイワシピザとミックスピザ。

お客さんの「美味しい!」に背中を押され、さらにBaBaパワー全開で頑張っています!

橋本京子さんを始め「笑の会」のメンバーで営んでいるピザ店です。