ブラタモリ 横浜~川崎~東京湾 浅野総一郎~京浜運河工場夜景クルーズ まとめ!再放送無しで見逃し動画配信やロケ地・撮影場所!神奈川台場~海芝浦駅とは?#203

7月 10, 2022

スポンサーリンク

NHKブラタモリ #203「横浜・川崎~横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?~」

– 2022年5月21日(土)19:30~20:15 –

今回は、横浜・川崎は東京湾をどう進化させたか?の秘密を解き明かすブラ旅でした。

今回は横浜港~川崎港を船でぷかぷかと巡り
・船好きのタモリさんは船員になるのが夢だった
・かつては祝砲を打つための神奈川台場があった
・鶴見線の秘境駅海芝浦駅は工場入口直結
・海から見たきれいな工場夜景の秘密
・浅野財閥の浅野総一郎により築かれた京浜運河~京浜工業地帯の功績により東京湾が発達した
などが分かりました。

この記事では次の情報をまとめています。

・横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?の放送内容のレビュー(ネタバレ)
・横浜・川崎のロケ地(撮影場所)
・京浜運河工場夜景クルーズ
・ブラタモリ新アシスタント歴代7代目野口葵衣アナ紹介
・再放送は4月の番組改変で終了した
・ブラタモリの見逃し動画はU-NEXTで配信されている
・ブラタモリの見逃し動画配信は初回にプレゼントされる600ポイントを使って実質無料で視聴可能な理由

ブラタモリの再放送は番組改変により無くなりました。

ですので見逃した方は、見逃し動画配信で観るのがオススメです!

スポンサーリンク

横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?の放送内容のレビュー(ネタバレ)

東京港・川崎港・横浜港と日本を代表する3つの港が繋がっています。

今回のブラタモリは、船に乗って川崎港~横浜港を巡り、浅野財閥の浅野総一郎の壮大な計画した京浜工業地帯・誕生の秘密に迫り「横浜・川崎~横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?~」の秘密を解き明かしました。

オープニング

【撮影場所】横浜港シンボルタワー
〒231-0811 神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1-16

現在、この本牧ふ頭を拡張し「新本牧ふ頭」を建築するため埋め立てを行っています。

丁度防波堤や岸壁をつくる際に使われる鉄筋コンクリートでできた箱の様な構造物ケーソンを並べていました。

東京湾が大きく進化する歴史的な出来事とは?

続いてタモリさん御一行は船で、ペリー率いる黒船が停泊した横浜港に入港しました。

ペリー来航の絵で描かれている大木が現在もその場所・現横浜開港資料館に残っており「たまくずの木」として親しまれています。

ペリー艦隊が停泊した場所は、諸説ありますが、現在の山下公園付近~現在の山下ふ頭付近と考えられています。

黒船は水深8メートル程無いと挫傷してしまいます。

江戸時代に描かれた絵から推測すると・・・

横浜は黒船が泊まれる水深ある場所が比較的陸から近かった

と考えられます。

そしてペリー来航から5年後の1859年(安政6年)6月2日(新暦7月1日)、横浜は開港しました。

1858(安政5)年、江戸幕府はアメリカと日米修好通商条約を締結しました。

それまで幕府は長崎の出島で限られた相手とのみ貿易を行っていました。

しかし、黒船の圧力に屈しアメリカと条約を結び、さらにはオランダ、ロシア、イギリス、フランスとも修好通商条約を結び「安政五カ国条約(あんせいのごかこくじょうやく)」と呼ばれるようになりました)。

アメリカ総領事のハリスは、当初大坂、長崎、平戸、京都、江都(江戸)、品川宿の開港を求めました。

しかし幕府は外国人が江戸に入ってくる事を嫌がり、江都(江戸)、品川宿は外され、ならばと神奈川宿の開港を求めました。

幕府はその案も受け入れがたく約9万両もの巨費を投じて横浜港を整備しました。

それ以前から横浜村に住んでいた住民を元村(現・元町)へと移住させ、確保した用地に港湾施設を建設しました。

更に日本人が外国人と交流をもつことに難色示した幕府は、横浜港に外国人居留地を設置し、その周囲に関所を置きました。

その結果、外国人居留地は関所の内側という意味で「関内(かんない)」と呼ばれるようになりました。

この様ににして開港場として、函館、新潟、神戸、長崎、そして横浜の5港が選ばれました。

スポンサードリンク



東京湾は開港にによってどんな舞台に?

【撮影場所】神奈川台場公園
神奈川県横浜市神奈川区 西神奈川1丁目7-23

【撮影場所】神奈川台場
神奈川県横浜市神奈川区 西神奈川1丁目17-3

横浜港開港翌年に作られ、横浜港を向いており、外国からのVIP歓迎等に空砲(祝砲)を打つために作られたそうです。

avatar

(祝砲を打つのは)「国際港としてのたしなみですよ」と・・・

avatar

田舎の漁師町が一挙にかわったんだよね

小さな漁村・横浜が華々しくデビューしました。

しかし解決すべき東京湾の課題がありました。

その課題を解決する事が東京湾がさらに大きく進化する事になりました。

スポンサードリンク



東京湾の解決すべき課題とは?

【撮影場所】象の鼻防波堤
〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1

御開港横浜之全図 貞秀画
御開港横浜之全図
貞秀画
海外との貿易の際、大型船から小さな船に積み替えてから横浜から大消費地の江戸(東京)へ運ぶ必要がありました。

大正時代には、横浜~東京の運賃は横浜~ロンドンとほぼ同額だったそうです。

横浜~川崎は大きな干潟がありました。

難破を避ける為には、その干潟を避けるには波があれる航路をとる必要があるため、高額な保険が必要となり運賃が高くついたそうです。

また悪天候になると海が荒れ難破を避ける為、天候によっては足止めを食う事もあった事も運賃に加算れてしまったとのことです。

その為、東京湾は輸送に不便で時代位遅れになっていました。

京浜工業地帯を生んだ実業家・浅野総一郎の計

時代遅れとなった東京湾は輸送にある発想で手を差し伸べたのが、明治時代~昭和初期に活躍した富山県出身のセメント・石炭・海運など多くの事業を手掛け「臨海工業地帯開発の父」と呼ばれた実業家・浅野総一郎氏でした。

それは荒れる航路を通るから運賃が高くなるなら、運河を作ってしまえば良いではないか?という発想でした。

浅野総一郎が計画した運河とは?

【撮影場所】京浜運河

浅野総一郎が計画したのは横浜港~東京港の距離はおよそ20キロでそこに防波堤を作り、そこに巨大な運河を作るという構想でした。

大正2年に建設が始まり、現在の京浜運河の礎となりました。

この構想は運河を作るだけに留まらず、運河を作るために掘り起こした土砂を運河沿いの埋め立てに使い一大工業地帯を築いてしまうというもので、その構想で出来たのが京浜工業地帯でやがて日本経済を支えるという結果にまりました。

浅野が作ったあるものとは?

【撮影場所】東亜建設工業ドライドック
神奈川県横浜市鶴見区安善町1丁目3

浅野総一郎氏が創業した会社のひとつ、東亜建設工業の東亜鉄工の1920年(大正9年)に建造されたドライドック(乾ドック)には運河と工業地帯の造成に必要な作業船の修理を行っていた歴史があるそうです。

ドッグには漫画家の松本零士デザインによる隅田川の水上バス「ヒミコ」(若しくはエメラルダス)がメンテナンスの為停泊していました。

※屋上デッキが見えなかったのでおそらくヒミコ

このドックからケーソンを運び防波堤を築き運河を作るという効率が良い作業が行えたそうですよ!

浅野総一郎氏は他にも水道、電力、そして鉄道の事業も起こし、特にJR東日本鶴見線には、浅野総一郎氏に因んで名付けられた「浅野駅」がある程です。
こうして横浜~首都東京は点と点で繋がっていたのが運河と京浜工業地帯により面で繋がったのでした。

そして東京湾が大きく進化したのでした。

船で工業地帯をめぐってみよう

【撮影場所】JR鶴見線・海芝浦駅
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目

この駅はの出口は東芝(大正12年創業)の守衛所になって一般の乗客は下車出来ない秘境駅でタモリ鉄道倶楽部会長のタモリさんも降車出来なかった歴史があるそうです。

駅名は東芝の前身芝浦製作所(水力・火力発電の発電機器製造)の由来です。

浅野総一郎氏が構想しケーソンで築いた堤防により扇島、東扇島が出来るなど、埋立地には次々に発展していきました。

【撮影場所】日清製粉 鶴見工場
神奈川県川崎市川崎区大川町3-1

次に見えてきたのは日清製粉の農作物などを貯蔵するサイロでした。

日本全国で使用される小麦粉の1割が貯蔵されているそうです。

【撮影場所】JR東日本川崎火力発電所
神奈川県川崎市川崎区扇町9

タモリ鉄道倶楽部会長のタモリさんが反応したのはJR東日本川崎火力発電所の塔でした。

ここではJR東日本の列車運行の約4割の電力を賄っています。

他にもこの一帯の火力発電所の発する電力能力は、首都圏の一般家庭で使用される電力とほぼ同等(830万kw)との事です。

東扇島では冷凍冷蔵倉庫が多い立地です。

全国の1割の冷凍冷蔵倉庫が集まっており首都圏の4000万人の食を支えているとの事です。

工場萌え

工業地帯は「工場萌え」と呼ばれ夜景撮影のスポットとしても人気です。

【撮影場所】昭和電工
〒210-0867 神奈川県川崎市川崎区扇町5-1

川崎のホワイトキャッスルと呼ばれている水素やアンモニアを精製する昭和電工のプラントは工業地帯のパイプを通じ付近の工場へ水素やアンモニアが供給し、排気ガスの無害化などに役立っています。

工場夜景クルージングで間近で工場萌えの写真が撮影可能です♪

横浜・工場夜景クルージングの予約(アソビュー)はコチラ

【工場夜景クルーズ】3密回避!みなとみらいの夜景と工場夜景クルーズ(じゃらん)はコチラ

この様に工業地帯のネットワークは環境を守るノウハウにもなっているのですね!

この様に東京湾の進化は、未来へのさらなる進化に繋がっています。

ブラタモリ新アシスタント歴代7代目野口葵衣アナ紹介

タモリさんの「横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?」まとめ

タモリさんは、今回のお題「横浜・川崎は東京湾をどう進化させた?」をこうまとめました。

avatar

海から港湾都市の見方が変わってきます

avatar

横浜~川崎~東京湾は一体となって一大東京湾という大港湾都市が出来上がっていった訳ですね。

avatar

我々に密接した物資を殆ど取り扱っている

avatar

これまでの横浜や川崎のイメージは変わりましたか?

avatar

(川崎のイメージは)変わって来ましたね

avatar

やっぱり川崎は大切ですよ。

ブラタモリ見逃し動画配信のご紹介

ブラタモリを見逃した場合、
不定期ですが火曜日の深夜に再放送がありました。

しかし再放送は2021年4月の
番組改変で廃止されました。

NHKによるブラタモリ再放送廃止の告知
NHKによるブラタモリ再放送廃止の告知

ですので見逃した場合
動画配信で視聴となります。

「ブラタモリ」の
見逃し配信は動画サイト[U-NEXT]で配信されています。

[U-NEXT]は、NHKオンデマンドのサービスを使っているので
「ブラタモリ]の他、

なども配信されています。

ポイントで実質無料視聴可能!

U-NEXTの作品は、見放題の動画と
ポイントを利用しての動画の二通りが有ります。

「ブラタモリ」は
見放題では無くポイント制の動画で
220円(220ポイント)での視聴ですが
初回に与えられる600円分のポイント
を利用し、実質視聴無料で観る事が出来ます。

詳しく説明すると
U-NEXTは月額1990円(税抜)なのですが、
31 日間トライアル登録をすると、
ビデオ見放題サービス 1,990 円分を
31日間試すことができ、更に、
600円分のポイントがもらえます!!

 U-NEXT加入特典は600円分のポイントのプレゼント
U-NEXT加入特典は600円分のポイント
のプレゼント

この初回視聴用にプレゼントされる
600円分のポイントを利用して
「ブラタモリ」
の見逃し配信動画を
実質無料で観ることが出来るのです。

ブラタモリの見逃し配信
[U-NEXT]で視聴はコチラ!

ポイント制の動画とは?

ポイント制の動画とは
有料の動画で「◯◯日レンタル」
などのジャンルの動画です。

サムネイルに「P」のマーク
が表示されている動画が
ポイント制の動画です。

ここではNHKオンデマンドの
「ブラタモリ」
を紹介します。

U-NEXTの「ブラタモリ」の見逃し配信ページ
に表示される番組のサムネイルの右上に
Pのマークが有ります。
↓↓↓↓
ブラタモリの見逃し動画配信を [U-NEXT]で31日間ポイントを使用して実質無料視聴はコチラ!

「ブラタモリ」
の場合220円 (税込)レンタルです。

 U-NEXT 見逃し動画ブラタモリ 220円 (税込)でレンタル
U-NEXT 見逃し動画
ブラタモリ 220円 (税込)でレンタル
この場合、600ポイントの内
220ポイントを利用して
実質無料で視聴が可能です。
U-NEXT 見逃し動画ブラタモリ600ポイントの内220ポイント使用で 実質無料[
U-NEXT 見逃し動画ブラタモリ600ポイントの内220ポイント使用で 実質無料[

U-NEXTとは

U-NEXTとは
見放題80000本以上、
レンタル作品50000本を配信している
国内最大級の動画配信サービスです。
(2019 年 1 月 1 日時点)

U-NEXTは見放題作品80,000本以上
U-NEXTは見放題作品80,000本以上

パソコンだけではなく、
いつでもどこでも、スマホでも視聴できますよ。

U-NEXTはスマホで観られます
U-NEXTはスマホで観られます

登録は5分ほどでできてしまいますし、
解約もスマホで簡単にできますよ。

ブラタモリの見逃し動画配信
[U-NEXT]で視聴はコチラ!

本ページの情報は
2019年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。