ファミリーヒストリー 薬丸裕英は戦国時代の武将・薬丸兼将の末裔か?再放送や見逃し動画配信とネタバレと家系図!

11月 23, 2021

スポンサーリンク

今回のファミリーヒストリーは「薬丸裕英~やんちゃな魅力を受け継いで~」と題し、俳優・タレントの元シブがき隊の薬丸裕英さん(ヤックン)のルーツに迫りました。

薬丸裕英さんの父方のルーツは戦国時代の鹿児島県大崎町の竜相城(旧大崎城・旧井出田城)周辺を守り薩摩の島津氏と争っていた武将である事が判明しました。

この投稿では、ファミリーヒストリー・薬丸裕英さん「薬丸裕英~やんちゃな魅力を受け継いで~」の放送内容のまとめや家系図と見逃し動画配信をご案内します。

【本放送】2021年11月23日(月曜日)19時30分~20時42分 (72分)
【再放送】未定

スポンサーリンク

「薬丸裕英~やんちゃな魅力を受け継いで~」あらすじ

俳優・タレントの元シブがき隊の薬丸裕英さん(ヤックン)は東京都出身ですが、ご両親は鹿児島県のご出身です。

そこでファミリーヒストリーのスタッフは、鹿児島県に向かいました。

そこで薬丸裕英さんの父方「薬丸家」のルーツをたどると、戦国時代の武将にたどり着きました。

その戦国武将とは、現在の鹿児島県大崎町の竜相城(旧大崎城・旧井出田城)周辺を守っていた薬丸 兼将(やくまる かねまさ)でした。

薬丸 兼将は、高山城城主で大隅半島を制するほどの勢力を誇っていた肝付兼続氏(きもつきかねつぐ)の分家の武将で肝付氏の家臣として家老を勤めていました。

また薬丸 兼将の父親は、薬丸兼将(かねまさ)、またの名を薬丸孤こうん雲(湖雲)と名乗り、戦国期屈指の名将でした。

薬丸 兼将は剣術に長けており、肝付氏の剣法「野太刀」を伝えていました。

やがて「野太刀」は「薬丸自顕流」という流派となり、この剣法は防御の技が一切なく、その攻撃力に「新撰組」が唯一恐れた剣術とも言われています。

島津氏との覇権争い

薬丸氏が守っていた大崎は、海上交易の要所の一つでした。

その為、大崎の地を手中に置くことは、大隅半島における覇権を獲得する事になり薩摩の島津氏(飫肥の島津家第5代当主島津忠親・ただちか)と肝付氏との間では争いが数度起こりました。

天文23年(1554年)の竜相城襲撃と弘治二年(1556年)に島津氏が攻めて来て、薬丸 兼将も竜相城を守る為、肝付氏の家臣として戦いに参加しました。

弘治二年の戦ヶ島の戦いでは、島津氏は大群を率いて、壮絶な戦いとなり薬丸 兼将は、島津の武将・大野出羽守(おおのでわのかみ)と一騎打ちとなり命を落としました。(享年22才)

一方、大野出羽守も瀕死の重傷となり、大崎町下益丸で自害し、事実上相討ちの様な結果となりました。

薬丸 兼将の家族には、息子の薬丸兼成(やくまるかねしげ)がおりやはり「野太刀」の名手だったそうです。

時代は流れ戦国の時代は終わると薬丸家は、明治以降は武士の身分を失い、厳しい状況が続くも懸命に生き抜いたそうです

薬丸裕英さんの父方の家系図

薬丸裕英さんに対する父親は寡黙な父親像でしたが少年時代はやんちゃ者だったことを知り、驚きます。

薬丸裕英さんの母方の家系図

薬丸裕英さんの母方の先祖は、離島から大隅半島に移住し、苦労を重ねたこと今回知らされます。

たくましく生きた先祖たちの姿に「勇気がわいた」と薬丸裕英さんは目を潤ませました。

ファミリーヒストリー見逃し動画配信

ファミリーヒストリー「薬丸裕英」は11月23日です。

見逃した方や、もう一度ご覧になりたい方は、見逃し動画配信がオススメですよ~♪