テングソース(三原市)の通販【青空レストラン】

スポンサーリンク

満天☆青空レストランで広島県呉市の伝統野菜(キャベツ)「広甘藍(ひろかんらん)」のレシピで紹介された広島風お好み焼きで使用されたソースは、三原市の地ソース「テングソース(中間醸造)」でした。

また、レモン鍋のレシピで紹介されたのが「発酵れもん胡椒(よしの味噌)」でした。

この投稿では「テングソース」の通販についてお伝えしますね!

「テングソース」は青空レストランの公式通販(日テレポシュレ)で、がお取り寄せ可能ですよ♪
[放送日:2020年12月19日土曜日]

スポンサーリンク

テングソースとは?

広島県三原市の老舗中間醸造が生産販売を手掛ける地ソースです。

テングソース 中間醸造
テングソース
中間醸造

三原市の昭和5年創業の酢の醸造販売の老舗です。

テングソースは、昭和30年から製造開始されたそうです。

それ以来、65年もの間変わっていないとの事ですよ!

発酵れもん胡椒(広島県呉市)の通販については別ページに投稿しました。

>>発酵れもん胡椒(広島県呉市)の通販<<

三原焼きではデフォルト!?

テングソースのお膝元・三原市ではお好み焼きと言えば、鶏モツ入り(レバーや砂肝、玉ひも)で、そば・うどんににソースで下味をつけるご当地お好み焼き「三原焼き」がご当地お好み焼きです。

この「三原焼き」を提供している店舗では多くのお店が全国区の「オタフクソース」よりも「テングソース」を使用しているとの事ですよ!

なんでもコクのある甘みの中にスパイシーな香りがクセになる味と人気があるそうですね!

特色

【外観】見た目は黒っぽい濃いめの色で粘度が高い様でドロっとしている様ですね!

【味】野菜と果物の甘みが効いてコクがある、
【風味】辛口のスパイシーな香りが効いている

スポンサードリンク



味の秘密は「澱(おり)」

ソースを作る際に樽の中で熟成させます。

その熟成中に樽の底に「かす」が沈殿します、

その「かす」は、「澱(おり)」と呼ばれています。

テングソースは、昭和30年から製造開始され、製造開始した当初から継ぎ足し継ぎ足して製造するレシピが受け継がれているそうです。

その為、65年もの間で樽に「澱(おり・どろ)」が染み付いており、その結果「澱(おり)」によってコクが出ているのではないか?

と考えられているそうですね!

以前、青空レストランで紹介されたトリイソーストキハソースの美味しさの秘密は木樽の底に溜まった「澱(おり)」による物でした。

神戸の「どろソース」についてもそのまま「澱(おり・どろ)」の名前が冠されています。

通販は?

通販は生産販売を手掛ける中間醸造が自社サイトを運営しておらず、通販でお取り寄せは難しい様ですね・・・

しかし、今回の青空レストランでは公式通販からテングソースで販売されている3種類のアソートセットが限定でお取り寄せが出来る様ですよ♪

スポンサードリンク



青空レストラン公式通販でテングソースをお取り寄せ!

今回の広島県呉市の伝統野菜(キャベツ)広甘藍(ひろかんらん)のレシピで紹介された広島風お好み焼きの地ソース「テングソース」は青空レストランの公式通販(日テレポシュレ)でお取り寄せが可能ですよ♪

広島県 テングソース番組スペシャルセット

テングソース番組スペシャルセット内容
【値段】¥2,500 (税込)
【送料】¥820(税込)
【内容】●テングお好みソース(500ml×2)
●テング半とんかつソース(500ml×1)
●テングウスターソース(500ml×1)

>>広島県 テングソース番組スペシャルセットはコチラ<<